気が付いたときには・・・手遅れにならないために

子どもに食べて欲しいもの

ご訪問ありがとうございます。
子どもの心と体を強くするハイパフォーマンス家庭料理<賢母塾>冨田なおこです。

<子どもの食事事情>

という、気になる記事を見ました。

この記事の中で一番気になった言葉。小さなお子様をお持ちのお母様のセリフで、

「何を食べても別に大丈夫。元気に育っているから」

確かに現時点では、元気に育っているのでしょう。
しかし、食の影響はすぐには出てきません。

良いものを食べても、悪いものを食べても、 食事は薬ではないので、影響が出るのに年単位かかります。

私の親戚で、子どもの頃から食事がお惣菜・外食が多い家族がいまして。
そこの兄弟は、10代の頃から、心身に影響が出始めました・・・。

動物は、食べたものから心身ができています。それは、肉体だけではないく、メンタルや色々な能力にも大きな影響を及ぼします。
オリンピック選手が食事に気を使うのは、決して肉体だけのためではないでしょう。
国を背負っているというプレッシャーに打ち勝つための強靭な精神力を養うためにも食事に気を使っているはずです。

これは、オリンピック選手だけではなく、一般人の私達や、子どもたちにも言えること。

特に、お受験や中学・高校・大学受験・スポーツの試合やコンクールなどの大切な場面で本領発揮できるようになるためには、
お母様がしっかりと<食>をサポートしてあげることが大切です。

「何を食べても別に大丈夫。元気に育っているから」

これでは気が付いたときには手遅れなります。

そうならないためにも、是非時短・超簡単・高栄養なお食事でお子様の心身を健康に保ってあげていただきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧